シェアハウスという賃貸の形

賃貸ではフリーターが部屋を借りるためにすることで、まず考えられることが親が申込人になることです

検索フォーム
注目エントリー
シェアハウスという賃貸の形

賃貸でフリーターがかりるとき

フリーターが部屋を借りるためにすることで、まず考えられることは親が申込人になることです。そして親が契約者になり、親の親族が保証人で本人はただの居住人ということです。そして実際には本人がアルバイトで稼いだ中から家賃を支払っていくにしても表面的は親が出すことにします。そして入居申込時に申込書の職業欄に社員と記入し、そのまま審査を通してしまうことがあります。管理会社は入居審査の過程で申込人の職場に連絡したとき、たんに在籍が確認できれば社員としてみてしまうことです。

そして、要は在籍確認の時アルバイトであることがばれなければいいです。これは入居審査過程の盲点を突いた方法ですが、業界の暗黙の了解といっても否めないです。また、入居申込時に社員証や公的収入証明書の添付を求められることも少なくないです。賃貸でお部屋を借りるときは年齢や性別や収入の多少にかかわらず、例外を除きかならず連帯保証人を立てることになります。そしてその資格も基本的に実収入がある親族であることが義務付けられます。そして、一番いいのはご子息に契約者や保証人になってもらうことです。そして選択の幅は狭くなりますが、理解のある大家さんを根気よく探していくことにしましょう。