シェアハウスという賃貸の形

賃貸で学生さんは親の家賃補助が必要となり、最終決定権は親にあることがわかってくるので、親も同行する

検索フォーム
注目エントリー
シェアハウスという賃貸の形

賃貸で親も同行することが大事

賃貸するとき基本的に学生の方は自らの収入がありませんから、親の家賃補助が必要になります。そして多くのケースは最終決定権が親にあるといったことです。そして自分一人でお部屋探しをしても親がダメといえばキャンセルになります。もしも不動産屋さんに学生さんが一人できたら、一人で決められるかと聞かれるでしょう。そして入居申し込みの場で親に連絡させたり、親の同行を求めたりする所もあります。そして、本人が未成年の時は親が代わりに契約者になるケースが少なくないですが、この場合お父さんが申込人になりますから、別に連帯保証人を立てる必要があります。

いずれにしてもとくに未成年の方はなるべく親と一緒に不動産屋さんに行ってください。そして、それ以上の年齢の方でも最終的にお父さんが実際に物件を見ないと言え?ないときは、初めからお父さんと一緒に行きましょう。そして不動産屋さんに行くときにもっていくといいものは、在学生は学生証、入学前の新入生は合格通知書などを持参してください。そして、入学前の時期は何かとしなければならないことで大変でしょうから、しっかり事前に情報を集めましょう。そして季節によって出回る物件タイプが違ってきます。