シェアハウスという賃貸の形

賃貸物件を借りる際には入居時の審査があります一体どの様な審査があり、良し悪しを決めるのかを記載します。

検索フォーム
注目エントリー
シェアハウスという賃貸の形

賃貸物件入居時審査について

賃貸物件を借りる際には必ず入居時の審査があります。でもそんなに驚く必要はありません。普通の人が普通に物件を借りる場合には、まず問題ありません。例えば学生が学生向きの間取りや家賃設定の物件を希望するのは問題ないです。一般的な社会人が、その方の収入に応じた家賃設定の物件を希望するのも問題ありません。ではどの様な事かと言いますと、やはり最大の着眼点は、家賃の支払いにリスクがあると思われる人です。また、家賃滞納のリスクがある人も含みます。一般的な学生や社会人が、収入に見合わない高額な家賃設定の物件を希望すれば大家さんからしたら、それは家賃の支払いに支障が生じる可能性が高いですよね。でも、しっかりした連帯保証人が付いてくれたり、保証会社の審査が通れば、不動産会社も良しとする可能性は高いです。

また、経済的な問題以外についてはどの様な事が考えられるかと言いますと、治安・風紀上の問題があると思われる人についてです。具体的には見た目が怪しい、ガラが悪い、胡散臭そうな人などです。例えば日本の社会においてタトゥーを入れてる人は、まだまだ避けられたり怖がられたりします。ですので特に小さなお子さんが住んでいる様なファミリー物件には入居させるのは控えようと不動産屋も思います。先に説明しました家賃の支払いにリスクのあると思われる人、そして治安・風紀上好ましくない人のうち、どちらかと言うと後者の方が断わられやすいです。経済的な問題の前に、面談をした時に風体や服装、雰囲気、しゃべり方などが、ガラの悪さを醸し出しているお客様が来店されても、注意する訳にもいきませんし、すぐに直る訳でもないですから希望する物件にふさわしくないと不動産屋が思ったら、まず断られます。

まとめといたしまして、入居審査の基準としては、年収がいくら位か、家賃を払えそうか、と見た目や、職業がどんな人なのか、などから総合的に判断して可否を決めて行きます。皆様も賃貸物件を借りる際には審査の基準に適合しているかをチェックしておきましょう。

イチオシサイト