シェアハウスという賃貸の形

戸建て賃貸物件を借りるときは、トラブルが発生した場合や、周囲の環境を考慮することが大切です。

検索フォーム
注目エントリー
シェアハウスという賃貸の形

戸建て賃貸物件を借りるときの注意点

賃貸物件を借りる時に、ほとんどの人はマンションやアパートを借りることを考えると思いますが、マンションやアパートに住んでいる人の過半数が一戸建ての賃貸物件に興味があるそうです。理由は、マンションやアパートと比較すると「庭がある、駐車場付きが多い、上下階や隣の部屋の人に気兼ねがない」などが挙げられます。そうはいっても、賃貸物件のほとんどはマンションやアパートですので、戸建て賃貸の人気物件ともなると、すぐに空きが無くなってしまう状況です。

しかし戸建て賃貸を借りる時の注意点もあります。例えば、その戸建て賃貸物件が管理会社を通しているか、という点です。もし管理会社などを通しておらず、直接個人家主から借りてしまった場合、トラブルが発生した時に思ったような対処をしてもらえない可能性があります。もしも家の破損や、水漏れなどが起こってしまったとき、マンションやアパートであれば、管理会社に連絡をすれば丁寧に対応してくれますが、それを対応してもらえないとなると、小さなトラブルが大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。また物件そのものよりも周辺の環境にも注意が必要です。自治会・町内会の活動は、マンションやアパートであれば免除されることが多いですが、1戸建ての場合は参加を余儀なくされることが多いです。消防団や、地元神社の行事参加など、住むと避けられないイベントがある地域だと断っても断っても参加を強いられます。メリットだけでなく、トラブルが発生したときのデメリットも考慮し、物件を選ぶことは大切です。

イチオシサイト