シェアハウスという賃貸の形

賃貸マンションを借りる時の注意点として、不動産屋に行くときのファッションあります。覚えておくことです。

検索フォーム
注目エントリー
シェアハウスという賃貸の形

賃貸物件を借りる時の注意点

当然のことですが、賃貸物件を借りるには家賃がかかります。月々の家賃を無理なく支払い続けるには、ボーナスなどを加えない手取り月収の30%ぐらいを賃料の目安にすれば良いと言われていますが、それ以下であれば基本的によいです。安ければ安いほどよいものではあります。物件によっては、建物の共用部分に使われる管理費、共益費、駐車場代、駐輪場代なども含めて予算を立てることが重要になります。それと、不動産店へ行くときは身だしなみも大事です。マンションは共同住宅なので、入居者としてのルールを守れる人かどうかも重視されることがあるからです。人は見た目だけではありませんが、見た目も大事なのです。不動産業者は大家さんに入居者を紹介する責任上、申し込む人の髪形や服装、話し方などから人柄を判断することがありますから、無難なファッションで行くことがお勧めできます。

貸物件に住んでいる場合、退去予告は1カ月前までに、ということが多いですから、部屋探しは2カ月前程度から始めることです。あまりに早すぎると気に入った物件が見つかっても、すぐに引っ越せなければ二重家賃を支払うことになります。そして、ギリギリでは退去日までに物件が見つからない、という事態になります。そのあたりの注意が必要です。