シェアハウスという賃貸の形

インターネットなどで賃貸情報を検索すると、写真と実際の印象が異なることがありますから現地見学は必ず必要です。

検索フォーム
注目エントリー
シェアハウスという賃貸の形

賃貸物件の広告写真と現況の違い

最近は賃貸物件を探すのにもインターネットが利用でき、時間を効率よく使って便利に情報を比べることができます。物件情報のサイトなどではその物件の写真も閲覧することができますから、見学前にイメージすることもできます。しかし、実際に予約をして現地を見学してみると、サイトで見た写真の印象とは大分違っていることもよくあります。これは、明るさや撮影する角度などによって部屋が広く見えたり築年数を感じさせない写真に仕上がることがあるからです。ですから、インターネット上で写真を見て気に入ったとしても、現地見学は必ずしなくてはなりません。

例えば転勤のために賃貸物件を探すというケースは多くあります。この場合、今の勤務地での仕事もありますからなかなか物件探しに時間をかけられないのが現実です。写真と、その他の条件を見ただけで決めてしまい、いざ入居したら思っていたよりも部屋が狭くてびっくりした、南向きと書かれていたから安心していたのに日あたりがよくなかった、ということが少なくありません。広さについては、物件情報に例えば6畳とあっても、畳1枚の広さにはいろいろな規格がありますから自分の思っている6畳と違う広さのことがあります。また南向きであっても、南側に高い建物があれば日当たりは期待できませんし、これらのことは実際に現地見学をしてチェックするしか方法はありません。

イチオシサイト

  • 学生会館情報が豊富に掲載のサイトはこちら。