シェアハウスという賃貸の形

賃貸物件の需要について、供給面から考えていきます。持つべき賃貸物件について、触れていきます。

検索フォーム
注目エントリー
シェアハウスという賃貸の形

賃貸物件の需要について

賃貸物件の需要について考えていきます。これからの需要について考えます。賃貸物件自体は、飽和状態にあると思います。築年数10年以上の物件も多く、家賃自体は、下がる傾向にあると思います。新しい物件も建ってはいますが、なかなか賃貸物件の経営は、苦しいものと思います。

賃貸物件の家賃収入は、不動産所得となりますが、経費としては、減価償却費や固定資産税などの租税公課や支払利息などのローンの利子などとなります。それらを加味すれば、不動産所得はマイナスになると思います。不動産所得は、給与所得と相殺できるので、給与所得がある方であるば、所得税を減らせる可能性はあります。

不動産所得は、不労収入などと言われる様に、労働を伴わない収入です。憧れに思う方も多いかと思いますが、決して、楽なことではないと思います。自分の収入を加味して、賃貸物件について考えなければならないと思います。賃貸物件の需要は、人工減少が続く中では、減っていくのではないかと考えています。賃貸物件の価値は、その賃貸物件がある場所にもよると思います。価値を保つためにも、将来価値を保てるような物件を持つべきであると思います。そのためにも、多方面から考えていかなければなりません。

イチオシサイト