シェアハウスという賃貸の形

賃貸物件を友人などとルームシェアして住む人が増えています。その際物件を借りる際の方法、メリットについて

検索フォーム
注目エントリー
シェアハウスという賃貸の形

賃貸でルームシェアする場合

賃貸物件で広めのところを借りて友人などとルームシェアして住む人が増えているそうです。シェアハウスは全く知らない人と住むケースがほとんどですが、気心の知れている友人とルームシェアすると楽しい賃貸生活を送れるというメリットがあります。ルームシェアできる物件とそうでない物件がありますので、不動産会社で部屋探しをする際にはあらかじめルームシェアできる物件を紹介してもらう方が良いです。

ルームシェアするメリットは一人で住むよりも条件のよい広い物件に住むことができるということがあります。一人暮らしですといわゆるワンルーム物件が多く、寝室と食事をする部屋を分けることができませんが、2DK物件を借りて二人で住めば個室も確保できますし、食事をしたりくつろぐ部屋を分けることもできます。2LDKであればリビングにソファを置ける物件を借りることもできます。

例えば二人でルームシェアする場合には、賃貸契約はどのようなものになるでしょうか。一人を代表者とし、同居人をもう一人にする方法もありますし、連名で借りる方法もあります。これは物件や大家さんにもよって異なるので不動産屋で相談してみると良いでしょう。連帯保証人はそれぞれの親御さんを付けてくださいと言われるケースが一般的です。

イチオシサイト