シェアハウスという賃貸の形

賃貸契約をするときは火災保険があり、強制的に加入しなければならない物件、又は任意の物件があります。

検索フォーム
注目エントリー
シェアハウスという賃貸の形

賃貸契約には火災保険があるので覚えておこう

賃貸契約では火災保険の加入があるので知っておきたいものです。これは賃貸物件によって内容が少々異なります。賃貸物件によっては火災保険への加入が強制になっていますし、任意になっている物件もあります。基本的には強制的に火災保険へ加入しなければならない物件が多いです。賃貸を借りるために火災保険へ加入しなければならない場合は保険料の負担がかかりますが、それでも火災保険はとても大切なので加入して損はないと言えます。

賃貸を借りるときに火災保険への加入が任意でも強制でも、これは加入しておくほうがメリット高いです。万が一に備えることができることがメリットですが、それ以外としても賃貸の保証人を誰かに依頼するときに火災保険へ加入していなければなかなか保証人になってくれる人は見つかりません。これは当然な考え方であり、もし建物が火事になった場合に保険がないと、個人ではどうすることも出来ないためリスクが高いです。保証人の件も含めて火災保険はなるべく加入するようにしましょう。

火災保険が強制加入なのか任意加入なのかは、賃貸契約時にしっかりと確認しておきましょう。また、任意でも火災保険は加入しておくほうが安心して生活出来ます。