シェアハウスという賃貸の形

賃貸住宅は、現状のままで使用するのが基本ですが、原状回復が可能な範囲でなら、リフォームを行えます。

検索フォーム
注目エントリー
シェアハウスという賃貸の形

賃貸住宅のリフォームについて

賃貸住宅は、入居したときの現状で利用するのが基本です。もちろん、家具やインテリアなどについては、自分の気に入ったものを運び込んで使用することができます。これらについては、退去時に簡単に運び出すことができるからです。転倒防止などのために固定が必要なものであっても、比較的簡単に取り外すことができるので、ほとんどの場合で問題にはなりません。

これに対して、部屋そのものをリフォームすることは、原則として禁止されています。これらについては、退去時に元の状態に戻すことが、家具などに比べて簡単ではないからです。勝手にリフォームを行うと、賃貸契約違反として、退去を求められることにもなってしまいます。

しかし、賃貸住宅のリフォームが、まったく不可能というわけではありません。退去時に、原状に回復させることができれば、一応契約違反とはならないからです。また、貸主側が、そのリフォームを受け入れれば、最初から問題とはなりません。いずれの場合にしても、貸主側との事前の協議が必要です。原状回復が可能なリフォームであっても、事情が分からなければ、貸主側としてはストップをかけざるを得ないからです。その範囲内で、許されるリフォームを楽しむことも考えたいものです。